屋外作業で欠かせない熱中症対策についてご紹介

エントリーはこちら

屋外作業で欠かせない熱中症対策についてご紹介

屋外作業で欠かせない熱中症対策についてご紹介

2021/10/13

夏に屋外作業をおこなうとなると、熱中症にかかってしまう可能性があります。
熱中症を防ぐためには、しっかりと対策をおこなうべきです。
そこで今回は、屋外作業で欠かせない熱中症対策についてご紹介します。

熱中症対策

水分補給をこまめにおこなう

熱中症を防ぐためには水分補給が大切です。

喉が乾いてから水分を補給するのではなく、乾く前に補給することを意識してください。
夏はたくさんの汗をかくので、水分だけではなくミネラルも失われてしまいます。
汗をかくことがわかっている場合は、経口補水液やスポーツ飲料がおすすめです。

ネッククーラーで首を冷やす

熱中症対策は、体を冷やすことも大切です。
夏場は体の体温が上昇してしまうので、クールダウンさせましょう。

体を冷やすためには、首・足の付根・脇の下を冷やすといいといわれています。
中でも首は特に効果的で、首に巻くネッククーラーで冷やすといいでしょう。
首に巻くだけなので、作業の邪魔をせずにクールダウンできますよ。

ポータブル扇風機を使う

乾電池や充電式で作動するポータブル扇風機は、自動で冷たい風を起こしてくれます。
最近では首にかけられるタイプも多く発売されているので、両手を邪魔することなく使えますよ。

まとめ

今回は、屋外作業で欠かせない熱中症対策についてご紹介しました。
どれも簡単に始められることばかりなので、ぜひすぐに試してみてくださいね。
熱中症は、ちょっとした意識や心がけで防ぐことができますよ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。